中でドビュドビュ噴射

神待ち掲示板で見つけた二人に生中だしできました。

ふたりともゴム付きの約束で会いましたが、頭は中だしでした。

ゆかり19短大1。

大2で決めて会いました。

処女でした。

友達から聞いてたものの援交は初めてと言う。

彼女のドキドキ感は仕草でわかり、心変わりしないうちにと即ホテルに連れ込んだ。

彼氏はいない模様。

もじもじしてる態度に「シャワーしてきなよ」と言うと、上衣を脱いで浴室に行った。

処女とするムスコはもうビンビン交替で俺がシャワーを浴びベッドに。

彼女はバスタオルのままで横たわっていた。

まだ膨らみかけの乳房を揉みながらキスすると小さな震えが伝わってくる。

「初めてだから、優しくして」と見せかけのゴム装着。

部屋を暗くするスイッチと同時にゴムを取った。

首筋から乳房~股をなめ回した。

手でマンコ周辺とビラビラを擦り、股を徐々に開かせた。

正常位で挿入すると「痛い痛い痛~いねぇ止めて!」チンポの先っぽを入れたまま、動きを止めた。

少しして、ゆっくり動き出して膣奥に挿入。

「痛いから静かに動いて。お願い」

俺のチンポも締まろうとする膣壁に擦れる度に、心地良い痛みも感じた。

きついマンコに感涙!

徐々に高速ピストンするともう胸溢れ、ドビュドビュと噴射しちゃった。

子宮に届けとばかりにゆっくり動き白液を絞り出した。

彼女は出されたのはわからないみたい。

「なんかぬるぬる出てるわ。中にださなかったよね?」

「出さないよ。君の愛液だろ!」

二回戦目は

「ゆかりちゃんと生で繋がりたいなあ。外にだすから頼まれてぇ!」

「うん小3枚だけ追加してくれる?」

商談成立思い切り腰を突き上げ、中で逝った後にティッシュに残り液をどろ~り。

スッキリ気分でホテルを出て、缶珈琲で喉を癒した。

彼女は

「ありがとうね。痛かったけど、友達と同じ女の子になれたわ。また会って」

と街の雑踏に消えて行った。

2人目は結衣ちゃん18才やはり援交。

今年大学生になると言う。

髪は茶系に染め遊び人風な感じ、彼氏はいるみたいだけど、初エッチは俺みたい。

祝日の11日に会えた。

今までには彼としか経験ないとも話してた。

彼も受験とかでなかなか会えないくて、寂しい面も感じた。

「結衣ちゃん今日は寂しさを忘れさせてあげる」と宥めた。

「昨年はバイトもしなかったからお金ないし、スノボーにもいけなかったから最悪かな。終わったらカラオケいきたいなあ~」

なんて雑談してたらあっと言う間に30分を過ぎていた。

「結衣ちゃん早くしよう!」

と急かせシャワーを誘った。

ベッドに入って、乳繰り合いキスをすると目を閉じ、感じているのか

「アァアァ~」

マンコの筋を擦ってるとヌルッと湿り出してきた。

更に指を入れて掻き回してあげた。

更に更にマンコをクンニして舌を出し入れすると気持ち良いのか身体を横にしたり左右に揺すった。

「結衣ちゃん入るよ」

「中には出さないで」

と生を抵抗なく受け入れてくれた。

彼女もまた経験浅いみたいで膣中はキツイ。

ものの5分発つか経たないうちに子宮入口にドビュ。

少したって抜くと同時にビュッと白液が。

「あらぁ中で逝っちゃった?彼だって中でださないのに」

とオカンムリ。

「出来たら電話するね」

結衣ちゃんは急いでシャワー室に消えた。

「カラオケ連れてくからもう一回しよう!」

「もう中に出さないなら」

と話は進んだ。

外に出す気はなく、結衣ちゃんのマンコを壊れるくらい突きまくり、結衣ちゃんは

「中が痛いから早く済ませて~」

一心不乱に突きまくり、泣きべそ状態の結衣ちゃんを抱き締めながら中でドビュドビュ噴射。

やり過ぎたかな?カラオケに行っても

「アソコぴりぴりするわ。たまにタラタラ垂れてくるし、大丈夫かなあ!」

とチラリ心配顔も伺わせた。

「大丈夫だよ。そんな簡単に妊娠しないよ。責任取るから心配ないよ」

と安心させた。

もう結衣とは会わないつもりだが、ゆかりとはあと2~3度はしたい。